紫外線には要注意!40代はUVケアで肌老化を防ぐ!

紫外線には要注意!40代はUVケアで肌老化を防ぐ!

紫外線には要注意!40代はUVケアで肌老化を防ぐ!

紫外線には要注意!40代はUVケアで肌老化を防ぐ!老化…いやな言葉ですね。肌の悩みも、老化とともに変化していくものです。10代のころにはニキビ、20代や30代は肌荒れに大人ニキビ。

 

そして、40代になると、シミやシワ、たるみ、くすみ、ほうれい線、ハリの低下などの肌トラブルを実感しはじめます。

 

鏡をみたときに、いつの間にかできていた!と気づくことも多いのではないでしょうか。30代のうちはまだ潜んでいて、それが肌の老化で40代に入ると目立つようになることもあります。

 

とくに「シミ」「シワ」の悩みは40代になって増えてくるものです。その主な原因といえば、やはり「紫外線」です。

 

紫外線を浴びていると、肌にダメージが溜まっていき、さらにメラニン色素が増えます。このメラニン色素が色素沈着を起こしたときに、シミが目立つようになります。

 

メラニン色素も多少なら排出されますし、肌のターンオーバーによって排出されます。ところが、加齢とともにターンオーバーも乱れますから、そのメラニン色素は肌にすみついて、やがて色素沈着を起こしシミになってしまいます。

 

最初は小さく細かい、薄いシミでも放置していると色は濃くなり目立っていきます。

 

紫外線から肌を守るUVケアでシミ・シワ対策

まず、基本として外出時の紫外線対策です。外出の際は、必ず日焼け止めなどで紫外線を防ぐようにしましょう。

 

日焼け止めは1度塗るだけで1日持つわけではありません。刺激の少ない日焼け止めをこまめに塗る方法が効果的です。

 

次に、化粧水やファンデーションもUVカットタイプを使うと、顔への紫外線対策になります。

 

また、UVカットタイプの帽子や日傘などを使う方法もおすすめです。紫外線というと夏の日差しが強い日に紫外線量が多いイメージですが、実は曇りの日でも分泌されているので油断は禁物です。

 

帰宅後は、日焼け止めクリームなどは肌の刺激になるので、きちんと洗い流します。その後、エイジングケアラインの化粧品や美白化粧品でケアしましょう。

 

できてしまったシミに対しては、少し強い成分になりますが「ハイドロキノン」も効果的です。また、「ビタミンC」には、メラニンの生成を抑制するなどの働きがあります。

 

食べ物で紫外線対策!

紫外線を防ぐ方法のひとつ、それは食事です。

 

実は食べ物に含まれる栄養素を補給することでも、紫外線対策、メラニン色素ケアになります。

 

有効な栄養成分とは、「ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンE、βカロチン」です。ビタミン類がとくに効果的です。

 

これらの成分が摂れる食べ物を食事に取り入れることで、身体の内側から紫外線対策に、インナーケアになります。

 

食べ物でいうと、「緑黄色野菜、ナッツ、レバー、納豆」などがおすすめの食べ物です。食べ過ぎには注意が必要ですが、適量を普段の食事に取り入れてみてください。

▲TOP