40代になるとターンオーバーが乱れやすい!その原因と対策方法は?

40代になるとターンオーバーが乱れやすい!その原因と対策方法は?

40代になるとターンオーバーが乱れやすい!その原因と対策方法は?

40代になるとターンオーバーが乱れやすい!その原因と対策方法は?よく「ターンオーバー」という言葉を耳にしませんか。

 

これは、肌の新陳代謝のことです。

 

年齢を重ねて、肌の変化を実感していませんか?

 

たとえば、これらの悩みは多いです。

  • ほうれい線が目立ってきた
  • シワが気になる
  • シミが目立つ
  • 顔全体がくすんで暗い

 

これらの肌トラブルは、もともと肌に素なっている「コラーゲン、ヒアルロン酸」などが減り、老化が進むことで起こります。とくに肌は乾燥しやすくなります。

 

老化対策、エイジングケアのためには、スキンケアが大切です。エイジングケアラインを使用し、保湿ケアすることで若々しく健やかな肌の維持になります。

 

そして、女性のターンオーバーが乱れる理由や、年齢を感じさせる肌トラブルの原因は、女性ホルモンも関係してきます。女性ホルモンの「エストロゲン」は40代から著しく減少し、ホルモンバランスが乱れます

 

エストロゲンには皮脂のコントロールなどに関わる働きがあり、美容に関するホルモンでもあるため、乾燥を引き起こしやすく、減少すると、肌のコンディションが落ちる原因になります。

 

乾燥した肌はバリア機能が低下し、紫外線などの影響を受けやすい無防備な状態になります。このため、シワやシミ、たるみが起こりやすくなってしまいます。

 

しかも、年齢を重ねるとターンオーバーが乱れます。ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことで、通常は28日サイクルで皮膚の細胞は生まれ変わっています。ところが、40代になるとサイクルが遅れて、古い角質が残り、シミなども沈着しやすい状態になってしまいます。

 

ハリや透明感のある若々しい肌を取り戻すためには、ターンオーバーを整えることがカギになってきます。では、ターンオーバーを整えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ターンオーバーの正常化には「セラミド」が良い!

肌の新陳代謝であるターンオーバーは加齢とともに乱れていき、それが原因で肌にも老化がみられはじめます。そのターンオーバーを正常にするためには、「保湿」が必須です。

 

20代の若いころに比べると、40代は保水機能が半分にまで落ちるといわれています。知っていましたか?だから、乾燥しやすくなります。保水能力を高めて保湿することによって、乾燥も防げます。

 

そこでおすすめしたいものは、「セラミド」を配合した化粧品です。セラミドの潤い力、保水力、持続力は高く、もともと肌に備わっている成分なので、それを補給することは肌にやさしく保水できます。

 

さらに、ビタミンCをとると、肌内部でのコラーゲンを増加させられますし、コラーゲンやヒアルロン酸の補給もおすすめ。コラーゲンが増えると、シワやほうれい線を目立たなくしていくことができます。

 

セラミド配合を前提に、ビタミンCやコラーゲン、ヒアルロン酸が入っている化粧品を使ってみてはいかがでしょうか。

 

また、肌が弱い、大人ニキビが気になる方は天然成分のオーガニック系のコスメなら、肌への負担をおさえられます。

 

反対に添加物がいろいろと入っていたり、アルコールは水分を蒸発させやすく、肌に負担をかけるので気を付けましょう。

▲TOP