40代で見直す!スキンケアと化粧のやり方

40代で見直す!スキンケアと化粧のやり方

40代で見直す!スキンケアと化粧のやり方

40代で見直す!スキンケアと化粧のやり方40代になったら、肌に対するケアや考えを見直すタイミングです。20代、30代、40代とそれぞれ、年代ごとに適切なスキンケアがあります。

 

とくに40代は、肌の調子がいろいろと変わるタイミングです。さまざまな肌トラブルが出てきますよね。

 

「乾燥、シワ、シミ、たるみ、くすみ、ほうれい線」と。

 

肌の内部には、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなどの保湿成分が含まれていますが、これらの成分が加齢とともに減っていくことが、40代で一気に肌が乾燥する原因のひとつです。

 

ハリも失われて艶もなくなり、シミやそばかすも目立ちやすくなります。

 

新陳代謝も低下しますから、肌のターンオーバーが遅れて、皮膚の生まれ変わりがうまくいかなくなり、シミが目立ち、くすみも起こりやすくなります。

 

ですから、スキンケアや化粧など、肌に対するケアについて総合的に見直すべきです。少しでも早いうちから対策していくと、40代でも以前より若い肌にみせられますし、50代、60代で周りとの差もつくでしょう。

 

今回は、40代で行いたい肌のためのケアについてまとめたものをご紹介します。

 

クレンジング・洗顔は丁寧に

朝起きたときの洗顔、夜のクレンジングや洗顔を今一度見直しましょう。

 

外気の汚れやほこり、メイク汚れが肌に残っていると、肌トラブルの元になります。

 

また、部屋が汚れているのもNG。部屋の汚れが肌に付着してしまうので、肌も部屋もきれいな状態にしておきましょう。

 

洗顔方法ですが、まずはぬるま湯で下洗いします。そのあと、洗顔料を泡立て、もこもこの泡で毛穴や隅まで丁寧に洗っていきます。すすぎも手を抜かないようにしましょう。

 

力をいれすぎず、やさしく洗うことが洗顔のコツです。

 

洗顔後は素早く化粧水⇒保湿

洗顔したあとの肌は水分がどんどん蒸発していくので、すばやく化粧水で水分を肌に補給していきます。化粧水はたっぷりと使い、肌全体に水分補給を。

 

そのあと、美容液を浸透させて、乳液やクリームでふたをし、保湿をしましょう。

 

とくに保湿は40代女性に必須のスキンケア。保湿を怠ると乾燥し、バリア機能が低下して肌トラブルの増加を促してしまいます。今ある肌トラブルの改善、そして予防のためにも保湿ケアは欠かせません。

 

化粧はナチュラルに

普段使用する化粧品も見直すタイミングです。化粧下地やファンデーションは保湿性のあるものがおすすめです。

 

毛穴開きやたるみが気になるときには、凹凸がカバーできる化粧下地を使いましょう。

 

また、マスカラなどはウォータープルーフといった化粧長持ちでも落としにくいものは控えるべきです。

 

どちらかというと、クレンジングで刺激を与えないように、落ちやすいタイプの化粧品を選びましょう。

 

化粧はナチュラルに仕上げることもポイントです。厚塗りは肌に負担をかけますし、老けた印象になりますから控えたほうがいいでしょう。

 

生活習慣の見直し

まずは食事面。体の栄養が偏っていると、それは顕著として肌にあらわれてしまいます。ビタミン類やミネラル、アミノ酸など、バランスよく栄養を補給しましょう。

 

暴飲暴食はNG。バランスのいい規則正しい食事を心がけてください。適度な運動も血行促進や新陳代謝の活性化になります。やりすぎはかえって体の負担になるので、適度な運動を習慣にしましょう。

 

喫煙者の方はなるべく禁煙を。タバコを吸うとビタミンCが大量に消費され、肌のくすみの原因にもなるので気を付けてください。お酒も、ほどほどに飲みすぎは禁物です。

 

以上のように、40代になったら基本のスキンケアはもちろん、化粧方法や生活習慣まで視野を広げて改善していきましょう。

▲TOP