40代で見られる毛穴の開きはどうしたらいい?「線維芽細胞」に注目!

40代で見られる毛穴の開きはどうしたらいい?「線維芽細胞」に注目!

40代で見られる毛穴の開きはどうしたらいい?「線維芽細胞」に注目!

40代で見られる毛穴の開きはどうしたらいい?「線維芽細胞」に注目!毛穴のトラブルは、どの世代の女性も悩むものです。

 

いわゆる「いちご鼻」と呼ばれる状態。かわいらしい名ですが、鼻にポツポツと黒ずみができている状態です。

 

毛穴汚れ、黒ずみに悩んでいる女性は多く、とくに20代・30代女性に多くみられます。

 

毛穴トラブルにもさまざまで、「毛穴の開き」や「毛穴のたるみ」といったトラブルもあります。40代になると、悩ましくなるのが「毛穴のたるみ」です。

 

毛穴は細かいのでたるみを確認しづらいかもしれません。ですが、化粧をしたときに、メイクのりが悪く、肌全体のキメがあれている、ファンデーションが浮く、化粧が崩れやすくなります。これに当てはまる方は、もしかすると、毛穴がたるんでいるからかもしれません。

 

これは、新陳代謝の低下が関係しています。肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れて、通常なら大体28日サイクルのものが遅れていくと、皮膚の生まれ変わりがスムーズにいかなくなることが一因です。

 

さらに、肌を支える力も衰えてしまい、開いている毛穴が垂れ下がってたるんでしまうのです。とくに鼻よりも、頬あたりの毛穴に目立ちます。

 

単純に毛穴が開いている状態なら、収れんによってケアできます。ピーリングをして角質ケアをしたあと、収れん作用のある化粧水で整えると肌の毛穴開きを改善できます

 

ところが、40代の毛穴たるみには、その方法は適していません。ポイントは「弾力、ハリ」を取り戻すこと!

 

年齢を重ねてどちらも失われてしまうので、それらを取り戻すケアをすることは、毛穴たるみだけでなく、肌そのもののたるみなどのケアに役立ちます。

 

肌の真皮層にある「コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミド」などが皮膚を支えているのですが、これらの成分は年齢とともに減っていくため、それを補う必要があります。それらの成分が減少したとき真皮層の密度が低下し、層が薄くなって肌がゆるんでしまうのです。

 

そこで注目すべきは『線維芽細胞』です!

 

線維芽細胞とは?毛穴たるみを改善する方法

40代の毛穴たるみの改善にあたって「線維芽細胞」がカギになります。線維芽細胞とは、真皮層で「コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン」を生成している部分のことです。

 

ここの細胞が活発にならないと、それらの成分も減っていくことになります。ハリも弾力も落ちて、毛穴たるみが目立ちます。

 

つまり、線維芽細胞を活性化させることによって、40代の毛穴たるみの改善になります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸などを直接補給するのもひとつの手段ですが、そうでなく、線維芽細胞にアプローチする方が効果的です。

 

そのためには「ビタミンC、レチノール、プラセンタ」が役立ちます。これらの成分を配合した化粧品を使うことで、線維芽細胞を活性化させて、本来のハリや弾力を引き出し、毛穴のたるみの改善になります。

 

ちなみに、真皮層は肌の皮膚構造の中でも奥にある部分で、一度ダメージを受けると回復が難しいので、真皮層を守ることも意識したいところです。

 

そのためには、バリア機能を高める必要があるので、肌の保湿も欠かせません。セラミドなどの保湿成分を補って、潤いをキープし、肌を健やかにしていきましょう。

 

メイクで毛穴のたるみをカバーする方法

毛穴のたるみは、スキンケアで改善していきます。ですが、改善されるまでの間、少しでも隠したいですよね。

 

そこで、メイク術をご紹介します。

 

毛穴が開いてたるんでいるとき、肌の表面はデコボコとしています。そのため、そのままの状態でファンデーションを塗ると、荒く仕上がってしまいます。

 

まずは化粧水で潤いを与えたあと、化粧下地を使って凹凸をなめらかにしていきましょう。その後、なるべく薄くファンデーションをのせていきます。

 

ナチュラルに薄メイクで仕上げた方が化粧崩れもしにくく、老け印象対策になります。ファンデーションも保湿性のあるものなどを活用してみるのもおすすめです。

 

ただし、化粧はあくまで毛穴の開きを隠すためのものです。完全に改善していくためには、スキンケアにこだわっていきましょう。

▲TOP