目の下のクマが消えない!どうしたらいい?40代にできやすい?

目の下のクマが消えない!どうしたらいい?40代にできやすい?

目の下のクマが消えない!どうしたらいい?40代にできやすい?

目の下のクマが消えない!どうしたらいい?40代にできやすい?肌トラブルにもいろいろとありますが、今皆さんが悩んでいるトラブルはなんですか?

 

40代になると、シミ・シワ・ほうれい線・乾燥・弾力の低下・たるみ...と、年齢を感じさせる肌トラブルがあらわになってきます。

 

そんな中、「目の下のクマ」に悩む女性も多いです!今、「そう私も!」とうなずかれた方、なんとかしたいですよね、目の下のクマ。

 

ではなぜ、クマができてしまうのかご存知ですか?

 

一般的に、目の下のクマは「寝不足で起こる」ことで知られていますよね。

 

事実、それも一要因です。が!睡眠をとっても解消されないのなら、それ以外の原因があります。それに、40代で起こる肌の変化も影響しています。

 

また、目の下にできるクマに種類があることはご存知でしょうか??

 

  1. 青グマ
  2. 黒グマ

 

鏡でチェックしてみてください。皆さんのクマはどのような色合いをしていますか?

 

その色の種類によって、原因や解決方法にも違いが出てきます。

 

青グマの場合
目の下のクマが青っぽいものは青グマです。主な原因は血流にあります。目のまわりにある毛細血管を通る血液の流れが滞っているなど、血流が悪い状態の場合に発生します。

 

要因は、たとえば、不規則な生活、睡眠不足、疲労、目の酷使などです。現在ではとくに目を酷使されている方が増えているので、目の休息と睡眠、生活を改めていくことが改善の一歩です。

 

黒グマの場合
目の下が黒っぽいのなら黒グマに当てはまります。この場合は、なぜ起こるのかというと、ずばり「加齢」です。

 

もう少し具体的にいうと、年齢を重ねて下まぶたの皮膚が薄くなり、弱くなったことでたるみが出てしまっている状態です。もともと目のまわりの皮膚は薄いので、それがさらに衰えている状態といえます。

 

そして、目の下の眼窩脂肪を支える筋肉もおとろえてしまい、下がへこんでしまいます。すると、その影ができて黒っぽさが目立ちます。

 

どちらのクマも解決ケアには美白化粧品がおすすめ!

青グマは生活習慣を改善するといった方法もありますが、黒グマにも共通しておすすめしたいケアは「美白」です。

 

美白化粧品を活用してスキンケアを施すことにより、クマの解決につながります。とくに気になるクマの部分には丁寧に、化粧品は二度塗りなどの方法が効果的です。

 

美白化粧品にもいろいろな種類がありますが、配合成分でいうと、「アルギネート、レチノール、ビタミンC誘導体」配合タイプがおすすめです。

 

それから、40代女性には「ヒト型ナノセラミド」が配合されている化粧品はイチ押し。肌の保水機能を高められるため、肌の内部から潤いが出てきます。そのほか、「アルブチン、ハイドロキノン」といった美白成分もあります。

 

中でもビタミンC誘導体はやさしめなので、朝晩のスキンケアに適しています。

 

ちなみに、クマには「茶グマ」というタイプもあります。茶色っぽいクマの場合は、小さなシミが集中しているか、または肌の摩擦により起きている色素沈着です。

 

色素沈着によって起こっているため、改善するためには美白ケアが欠かせません

 

クレンジングや洗顔するときに擦る行為で、摩擦が発生しシミからクマに発展することもあるので、クレンジング・洗顔の方法も見直していきましょう。

 

スキンケアのほかには、メラニン生成を防ぐ対策方法も必要になります。紫外線対策として、日焼け止め、UVケアなどのケアで余計なメラニン色素の生成を防ぐように心がけましょう。

 

外出する際には、UV対策用のサングラスを着けるのも、対策になります。

▲TOP