コラーゲンだけじゃない!40代になると「セラミド」も減っていく…

コラーゲンだけじゃない!40代になると「セラミド」も減っていく…

コラーゲンだけじゃない!40代になると「セラミド」も減っていく…

コラーゲンだけじゃない!40代になると「セラミド」も減っていく…肌トラブルもさまざま。

 

10代では皮脂分泌が過剰に増えてしまってニキビができやすく、20代では大人ニキビや肌荒れ、30代も同じように肌トラブルが起こって肌の曲がり角。

 

40代になると、また肌には変化が出て、乾燥しやすくなり、さらに「シミ、シワ、ほうれい線、たるみ」など、老け顔にみせる肌のトラブルが増えてしまいます。

 

肌を若々しく、エイジングケアしていくためには、さまざまな美容成分が必要になります。

 

ちょっと特殊な成分もありますが、40代になっても若々しくあるためには、もともと備わっている成分を補う必要もあります。

 

40代になると、著しく「コラーゲン」が減少していきます。同時に「ヒアルロン酸」も失われて、乾燥しハリも失われた肌に・・・。

 

それだけでなく、「セラミド」という成分も減少してしまいます!

 

ここでは、意外と知られていないセラミドの重要性をご説明します。ぜひセラミドを補って、若々しい肌のキープをがんばってみてください。

 

セラミドとは、もともと肌に備わっていて、美肌に重要に関わる成分のひとつです。

 

細胞と細胞の間に存在し、それらをつなぐクッションのような役割をになっています。簡単にいうと、セラミドがあることで、肌に弾力が出てハリもある状態が続きます。

 

新陳代謝にも関わっていて、健やかで美しい肌になるためには欠かせません

 

ですが、セラミドも加齢とともに減っていきます。セラミドのピークは大体20代ですが、それからどんどん減っていき、40代になると、それに比べて半減してしまいます。

 

セラミドは細胞間で保水機能があるので、セラミドによって細胞の隙間をつめることが、健やかで保湿された肌に欠かせません。

 

セラミドが十分に備わっていると、肌も柔軟性が出てふっくらとし、たるみやシワを目立たなくすることができます。しかも、セラミドは長期的に潤いを残せる力があり、持続性の高さもポイントです。

 

あまり聞きなじみがないという方にも安心していただきたい成分です。肌に備わっているので、肌に異変が起こるリスクもありません。

 

肌のセラミドが減少している場合は、プラセンタなど特別な成分を補うよりも、きちんと備わっていた成分を補給していくようにしましょう。

 

コラーゲンやヒアルロン酸と一緒に、セラミドを補給していくと、肌本来の美しさ、潤いを維持することができ、エイジングケアになります。

▲TOP