「光老化」や「糖化」とは?40代のシミ・くすみの原因!

「光老化」や「糖化」とは?40代のシミ・くすみの原因!

「光老化」や「糖化」とは?40代のシミ・くすみの原因!

「光老化」や「糖化」とは?40代のシミ・くすみの原因!透明感のある肌って明るくてきれいですよね。10代、20代前半の女性の肌をみていると、うらやましくなりませんか。

 

40代になると、肌のキメは乱れて、透明感も失われてしまいます。

 

いつの間にかできてしまったシミが目立ち、顔全体がくすんでしまい、老けた印象に・・・。くすみは暗い印象にもなりますね。

 

多くの40代女性がシミやくすみに悩まされています。改善する方法を知る前に、シミ・くすみの種類を知りましょう。

 

シミができたり、くすみが起こる主な原因にはふたつあります。「光老化」や「糖化」という言葉を聞いたことがありますか?

 

これは知っておきたいワード、それとシミやくすみができる関係性について知りましょう。

 

光老化とは?シミができる主な原因!

シミなんて気にしなかった20代。40代になると、シミは目立ちはじめますよね。コンプレックスになり、老けた印象で解決したい悩みです。

 

シミの主な原因といえば、「紫外線」が有名です。その紫外線のダメージによって起こることが「光老化」なのです。

 

まず、紫外線には波長が短い「UV-B波」と、波長の長い「UV-A波」という種類があります。

 

UV-B波にはメラニンを増やし、UV-A波には真皮層に届きコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうという厄介な作用があります。

 

どちらも肌に影響してしまう要素があるので、シミ対策には紫外線対策が必須になります。

 

若いうちから対策は始めるべきですし、40代になったら、肌がデリケートになるので余計にダメージを受けやすいため、しっかりと対策を施しましょう。

 

外出の際は日焼け止めとUVケア。日傘や帽子、サングラスなどのアイテムもおすすめです。

 

ちなみに、日差しが強い日に限らず紫外線は放出されています。実は冬も同じで、とくに雪が積もると紫外線は反射によって吸収されやすくなるので気を付けましょう。

 

肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなるので保湿ケアも毎日欠かせません。

 

また、紫外線によりメラニンが発生するのを抑えるためには「ビタミンC、エラグ酸、プラセンタ」が効果的です。メラニンの生成を促す酵素のチロシナーゼを抑えて、余計なメラニン対策になります。

 

「アルブチン、ハイドロキノン」などの成分は、できてしまったシミにもよく、美白化粧品を使うことで、光老化によるシミを目立たなくしていくことができます。

 

ただし、デリケートな肌にはハイドロキノンなどの強い成分はおすすめできません。まずは、保湿して肌を整えるところから始めたり、やさしめの成分を使った美白化粧品を活用していきましょう。

 

糖化とは?原因と改善策!

光老化によるシミが広範囲におよぶと、全体的に黒っぽくくすみます。一方で、全体が黄色っぽいくすみも存在します。それが、「糖化」によるくすみです。

 

糖化とは、体内の糖質と、肌の構成にかかわるタンパク質が結合することで起こる現象です。こうして糖化が起きると、タンパク質は変質してしまい、まるで焦げたかのようになることでくすみが発生します。

 

40代になったら糖化にも気を付けないといけません。糖化が起こると、くすみのほかに、細胞を劣化させる影響もあり、シワやたるみの原因にもなるので油断は禁物です。

 

糖化対策には、美白成分・抗酸化成分がおすすめです。中でも、「コウジ酸、ヨモギ、コウキエキス」などの成分が効果的。これらの成分を配合した美白化粧品を取り入れてスキンケアをしてみてください。

 

また、食生活では炭水化物の摂りすぎに気を付けることです。糖分は適度に抑えて、摂りすぎないように気を付けましょう。ゆっくり時間をかけて食事をする行為も糖化防止に役立ちます。

▲TOP