「抗酸化成分」ってなに?40代に必要な理由

「抗酸化成分」ってなに?40代に必要な理由

「抗酸化成分」ってなに?40代に必要な理由

「抗酸化成分」ってなに?40代に必要な理由お肌の曲がり角といわれる30代を過ぎ、40代に入ると、また新たに肌の悩みは増えるものです。

 

鏡をみて「あれ?」と驚くことありませんか。

 

今まで気になっていなかった、シミやシワが目立つようになり、目の下のクマ、顔のたるみ、乾燥などが気になる年齢です。

 

エイジングケアを意識しはじめる年齢になり、そこでよく聞く美容ワードが「抗酸化成分」です。

 

40代になり目立ち始めるシミやシワといった年齢の肌の悩みは、ほとんどが加齢によるものです。詳しくいうと、「細胞老化」によって起こっているトラブルです。

 

これを改善していくためには、日々のスキンケアが大事で、年齢とともに減っていく「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」といった成分が必要になります。

 

そして同時に、エイジングケアのために必要になってくるのが、抗酸化成分の存在です。

 

ではなぜ、抗酸化成分が必要なのでしょうか?

 

それには、老化の仕組みを知る必要があります。老化は単純にいうと加齢によって起こりますが、具体的には、「細胞がサビる」ことが根本的な原因とされています。体がさびつくわけですが、その原因になるのが「活性酸素」です。

 

活性酸素は体を守るための働きがある一方で、過剰に増えたとき、正常な細胞にまで攻撃を与え、ダメージが蓄積して老化が進みます。

 

活性酸素が大量に発生する条件というのが「紫外線、たばこ、ストレス」などです。

 

この結果、肌の老化が進んでいき、肌にシミやシワなどのトラブルが出てきます。もちろん、ハリも失われて、顔のたるみにもなります。

 

ここで登場するのが、「抗酸化成分」です。

 

抗酸化、つまり、酸化に抗う作用を持つ成分ですので、体の酸化対策になるため、アンチエイジングには欠かせない存在なのです。

 

では抗酸化成分にはどのようなものがあるかというと、「アスタキサンチン、コエンザイムQ10、プラセンタ、ビタミンE」など。

 

これらが代表的かつ人気の高い抗酸化成分です。中でも、アスタキサンチンは人気のエイジングケアラインの化粧品によく使われている傾向があります。プラセンタは万能で、エイジングケア成分として人気ですね。

 

これらの抗酸化成分と、基本のエイジングケアに必要な、コラーゲンやヒアルロン酸が配合された化粧品が理想的です。

 

コットンパックで差をつける!一工夫でより高い美容効果に

抗酸化成分が配合されたエイジングケアコスメを使用する際、ごく一般的な使い方でも効果があります。

 

丁寧に洗顔したあと、化粧水や美容液などでスキンケアを続けることで、若さを取り戻すことにつながります。

 

ハリもうまれて、透明感が出るなど、効果実感の声も多く寄せられています。

 

普通の使い方でも効果的なのですが、ワンランク上のケアに興味はありませんか?

 

面倒くさく難しい方法ではありません。用意するものは、エイジングケア化粧品と「コットン」です。

 

コットンに化粧水をなじませてパッティングする方法は、叩くことで肌にダメージを与えるというデメリットがありますが、化粧水をしみ込ませたコットンを肌に乗せてパックにする方法なら、ダメージもありません。

 

そして、肌に浸透しやすくなります。とくに保湿成分も入っているものなら、乾燥しやすい時期にぴったりです。

 

パックの時間は大体3分くらいがベストです。やりすぎると、逆に肌トラブルの原因になる可能性があるので注意しましょう。

 

毎日は大変でも、週に1~2回は取り入れてみてはいかがでしょうか。

▲TOP