急に老けるのはなぜ!?40代肌に密着

急に老けるのはなぜ!?40代肌に密着

急に老けるのはなぜ!?40代肌に密着

急に老けるのはなぜ!?40代肌に密着年齢によって肌のトラブルにも違いがあります。10代はハリがあって潤いもありますが、皮脂が増えやすく、いわゆる「思春期ニキビ」が気になる年ごろ。

 

20代になるとまた変化し、肌荒れや大人ニキビ、吹き出物。30代になるとお肌の曲がり角と呼ばれ、肌の変化が見え始めます。

 

そして、40代になると、ニキビなどの若いころに起きていたトラブルは落ち着く一方で、年齢を感じさせるトラブルが目立ち始めます。

 

シミ、シワ、ほうれい線、乾燥、たるみ、弾力の低下」と・・・。老け顔の印象になるような肌トラブルが増えてきます。

 

なぜ、40代になるとこのようなトラブルが出始めるのでしょうか。

 

40代という年齢が関係してくるのですが、具体的にいうと、下記のものが挙げられます。

  • 新陳代謝の低下
  • コラーゲン、ヒアルロン酸の減少
  • 女性ホルモンの減少

 

新陳代謝の低下で太りやすくもなりますが、肌のターンオーバーも乱れるので、古い角質が肌に残って肌のコンディションは低下。

 

コラーゲンやヒアルロン酸が減ることで乾燥し、シワが目立ちはじめ、肌のバリア機能も低下。

 

セラミドという重要な保水成分も減っていき、乾燥から紫外線を浴びやすく、肌は弱っていきます。とくに意識していきたいのが「女性ホルモンの減少」です。

 

一般的にいうと45歳くらいから更年期に入り、著しく女性ホルモンは減少しますが、40代からホルモンは変動しはじめます。

 

女性ホルモンには2種類あり、「エストロゲン」が急激に減少することが肌の変化の元になります。美容に携わっていて、プロゲステロンには、皮脂分泌を促す働きもあるため、減少することで肌の乾燥、バリア機能の低下の元になります。

 

ハリも失われてたるむなど、40代女性の抱える肌の悩みの多くが、ホルモンバランスと関係しています

 

保湿ケアとエイジングケアをしつつ、ホルモンバランスを整える意識ももって日ごろの生活習慣を見直していきましょう。

 

たとえば、エストロゲンに似た働きを持つ成分を補給するなどの方法で、ホルモンバランスの変動対策になります。

 

また、美容にあまりに悩みすぎてストレスを抱えることも、ホルモンバランスを乱す原因になるので注意してくださいね。

 

気を付けたい「皮脂欠乏症」とは?

40代になると明らかに皮脂の分泌量は減ります。若いころ脂性肌だった人でも、乾燥肌に変化することは珍しいことではありません。

 

皮脂の分泌量が減るのは、なにも顔に限ったことではなく、身体全身にあらわれます。

 

体にあらゆる部分にある皮脂線からの皮脂分泌が減っていくため、全身がカサカサと乾燥しやすくなります。

 

そうなると、肌のバリア機能は低下し、紫外線などの外部刺激に弱く、肌のコンディションも落ちます。

 

そして、肌のバリア機能が完全に不能になったとき「皮脂欠乏症」という皮膚の疾患を発症します。この場合は、皮膚科で治療を受けなければ治りません。

 

ですので、年齢を重ねて乾燥が気になり始めたら、顔だけでなく、全身の保湿ケアを行いましょう。

 

身体はボディクリームでケアする習慣をつけて、肌のバリア機能を維持する心がけをしましょう。

▲TOP